本文へスキップ

〜自らの専門知識を活用し、皆様のより良い生活の助けとなる〜

TEL. 055-921-5000

【平日 09:00〜17:00、土日祝日は休み】

本事務所 〒410-0851 静岡県沼津市宮町441−22≪詳しい地図≫

若葉町事務所 〒410-0059 静岡県沼津市若葉町17−28≪詳しい地図≫

贈与? 相続? 底地の整理は? ・・・ 各手続きの違いと税務面の対応

弊所にて取り扱った事例をご紹介するコーナーです。

「こんなキッカケで司法書士を利用するんだね。」とか、      
「実は、こんな課題や解決方法があったのね。」とか感じていただければ嬉しいです。

なお、いずれの事例も、ご相談内容そのものを紹介するものではありません。      
守秘義務の観点から、実際の事案をベースに内容を整序しております。


1.底地の権利関係をスッキリさせたいのだけれど・・・

長泉町にお住いの下土狩孝子(30代)さん。      
下土狩さんが弊所にお越しいただいたのは、ご自宅の底地をお母様から贈与を受けるということで、      
一連の手続きを確認したかったからということでした。

  • 現状の確認

    前提として、現状の権利関係をお聴きすると、
    建物は下土狩さんの旦那様との共有で、底地は下土狩さんのお母さんの名義になっているとのこと。
    また、土地・建物について、ご夫婦が連名で借りている住宅ローンの抵当権がついていました。
  • 贈与以外の方法について

    今回のケースだと、「贈与」だけでなく遺言を作成する方法もありますよとお話しすると、考えてはみたもののどんなふうに作成すればよいのかわからないし・・・とのお答え。
    折角なので、遺言書の作成方法についてお話ししたところ、贈与だけでなく遺言も検討してみるということでした。
    また、贈与をするにしても、下土狩さんが贈与を受けるのか、ご夫婦で受けるのかいろんな選択肢があるという点も、話の中で触れることとなりました。

2.本件における対応

どの手続きを選択するのがベストか判断する際に、税金が大きな論点となっていたため、後半は税理士さんを交えての検討となりました。

結果的に、税金上は不利であるものの、今後のことを考えて「ご夫婦で贈与を受ける」という選択をすることになりました。      
最初は「お母さんから下土狩さんが贈与を受ける」というシンプルな話でしたが、ベストな選択をするために、相続の場面も含めて、お母さんと一緒に検討しての結論となりました。

手続きをシンプルにするつもりが税金面で痛い目をみたり、
あるいは逆に税金上の有利不利で判断したら、その他のところで親族のいざこざが生じたというような話はよく聞きますが、下土狩さんの件では全体のバランスを考えて手続き選択ができたケースかと思います。
少なからぬ贈与税が発生するケースでしたが、贈与による名義の変更から、贈与税申告のための税理士さんのご案内まで、サポートさせていただくこととなりました。


3.他にもこんな事案がありました。


ご相談の方法  

≪「ご相談予約について詳細はこちらをご確認ください。≫

バナースペース

ご相談から解決までの流れ