本文へスキップ

〜自らの専門知識を活用し、皆様のより良い生活の助けとなる〜

TEL. 055-921-5000

【平日 09:00〜17:00、土日祝日は休み】

本事務所 〒410-0851 静岡県沼津市宮町441−22≪詳しい地図≫

若葉町事務所 〒410-0059 静岡県沼津市若葉町17−28≪詳しい地図≫

成年後見制度の利用(2) ・・・ ご近所さんのこと。適切な窓口のご紹介。

弊所にて取り扱った事例をご紹介するコーナーです。

「こんなキッカケで司法書士を利用するんだね。」とか、      
「実は、こんな課題や解決方法があったのね。」とか感じていただければ嬉しいです。

なお、いずれの事例も、ご相談内容そのものを紹介するものではありません。      
守秘義務の観点から、実際の事案をベースに内容を整序しております。


1. ご近所さんの様子が気になる

事務所のご近所にお住いの熊堂さん。      
最近気になっていたのが、近所に住む沢田さんの健康状態です。      
以前は、玄関先で話に花を咲かせることも頻繁だったのに、昨年の冬頃、一度体調を崩されてから、      
ほとんど玄関先に出てくることもなくなりました。      
たまに家を訪れても、どんどん家の中が乱雑になっていって、ちゃんと生活できているのか気になる。      
沢田さんの家を訪れるヘルパーさんに聞いてみると、施設入所を検討した方がいい状態ではないかとのこと。      
     
けれども、熊堂さんの知る限り、沢田さんが家族や親せきの話をしたことを聞いたことがない。むしろ避けていたような気がする。      
誰かが面倒を見るにしても適任の人は見当たらないし、施設入所するにしたって空き家になる家の管理とか、そういったものはどうなっちゃうのかというご相談。      


2.本件における対応

熊堂さんのご相談については、弊所が直接にお役にたてるケースではありませんでした。      
しかしながら、沢田さんについては、どうにも施設入所すべき時期が近付いているように思いました。      
少なくとも、家族・親族で定期的に見守りをする人間が必要なのは間違いないのですが、どうにも沢田さんの周りにはそうした存在がいないように見受けられれます。

今となっては沢田さんご自身で財産管理者を選ぶことはできませんので、成年後見制度の利用が適切かと思いますが、仮に成年後見制度を利用して適切な第三者を後見人につけるにしても、裁判所への制度利用の申立ては基本的に親族が行うこととされています。      
とはいえ、現状では、その親族がいるかどうかも分からない。

沢田さんのケースでは、ヘルパーさんも交えて話をし、市町あるいは社会福祉協議会に相談することをお勧めしました。市町等の対応によっては、家族・親族の存否が判明したり、親族に変わって成年後見の申立てを検討してもらうことができるからです。
また、申立て段階までくれば、申立てはもちろん、後見人就任も含め、弊所でお役にたてるところもある旨をお伝えしました。


3.他にもこんな事案がありました。


ご相談の方法  

≪「ご相談予約について詳細はこちらをご確認ください。≫

バナースペース

ご相談から解決までの流れ