業務内容

貝原事務所 業務内容

司法書士の仕事とは?

司法書士は個人・法人について、法律に関する書類の作成や法的な手続きを代行します。
ご自宅を購入された方は不動産登記を司法書士に依頼された方もいるでしょう。
また、会社設立・役員変更など、法人に関する登記業務も行なっています。
現在では、相続・遺言、成年後見、財産管理など生活の中で法律に関わる内容のご相談も多数寄せられています。

ここでは、司法書士法人 貝原事務所の主な業務内容を紹介します。

貝原事務所の主な業務

相続・遺言

相続・遺言のご相談

遺言書の作成・相続の準備のサポートします。
相続発生後の不動産名義の変更をはじめとする各種手続きのお手伝い、相続のお悩みを解決します。

不動産登記

不動産登記のご相談

個人の不動産売買に伴う名義変更、相続による名義変更、住宅ローンの抵当権抹消、古い抵当権の抹消など、不動産登記の手続きは司法書士にお任せください。

会社設立・各種法人登記

会社設立・法人登記のご相談

株式会社・合同会社・一般社団法人などの新規事業の立ち上げ、法人設立をサポートします。
会社や法人について、登記事項の変更手続きについてもご相談ください。

成年後見

成年後見

貝原事務所の司法書士は、自身が成年後見人等に就任しています。
それらの活動を通じて得た知識を含め、申立てや親族後見のサポートをします。

財産管理

財産管理のご相談

判断能力のある今時点において、財産管理上の支援を受けるための契約をご案内します。
貝原事務所では、ご本人様の生活全般を適切に支援していく仕組み作りを含めてサポートします。

お問合わせの多い業務内容

問い合わせの多い業務

司法書士の業務でお問い合わせの多い業務内容についてまとめました。