遺言のイメージ(堅苦しさ・近づきがたい印象)について

相続・遺言

遺言作成に際しては、曖昧な言葉を避け、解釈の余地を極力少なくすべきということになります。そうした方針で作成していくと、結局のところガチガチの法律文書が出来上がってくるのです。 そうして作成された遺言に対して、多くの人は「堅苦しい」というイ…

シンプルな遺言について

相続・遺言

このような短い文章であっても、2(1)で記載したような遺言のメリットを享受することができます。 第1条は、遺産分割協議を省略し、遺言者の希望する分割方法を指示しています。 また、第2条は、遺言に基づく遺産承継手続(遺言執行といいます。)を…

「遺産分割の方法を指定した理由を伝える」ための付言事項

相続・遺言

遺産分割方法を遺言で定めたことにより、期待していたものよりも少ない遺産しか受け取れなかった相続人は、気持ちの面でもモヤモヤしたり、場合によっては怒りを感じることもあるかもしれません。そうした、残された相続人のモヤモヤや怒りをゼロにすること…

「残された人達に気持ちを伝える」ための付言事項

相続・遺言

遺言事項のみで構成される遺言書は、堅苦しく冷たい印象を受けることになります。これは仕方のないことであり、むしろ遺言事項の記載は簡潔明瞭であるべきと思いますが、一方で遺言者の思いや気持ちも、残された相続人に伝えたいと考える人もいるでしょう。…

「葬儀」に関する付言事項

相続・遺言

被相続人の希望を「遺言の付言事項」として残しておくのは有効な対応策です。 遺言の存在を伝えておけば、相続人はその存在を確認するでしょうし、たとえば相続人でない親族から何か言われたとしても「遺言として残された」と言えば、大きな説得力を持つで…

付言事項について(総論)

相続・遺言

1.付言事項とは まずは、付言事項を付けた遺言例を見ていきましょう。(遺言方式や関係者の記載は省略しています。) 遺言事項第1条 遺言者は、全財産を配偶者Aに相続させる。付言事項 ①Aの今後の生活のことを考えて、すべての財産をAに相続させ…

遺贈(遺言)による配偶者居住権の設定

相続・遺言

配偶者が配偶者居住権を取得するには、①遺産分割協議による方法、②家庭裁判所の審判による方法、③遺贈又は死因贈与による方法、があります。 このうち「遺贈」による方法は、被相続人が配偶者のために遺言書を作成し、そのなかで配偶者居住権を取得させ…

農地と遺言について

相続・遺言

農地の権利移転に際しては「相続」を上手く使うのが非常に効果的なのです。さらに「遺言」を活用すれば、希望する人に円滑に農地・農業用設備・農機具などを相続させることができます。 ただし、遺言の形式にも注意が必要ですし、農地を含む場合には、作成…

遺産承継と相続税の申告について

相続・遺言

不動産を含む相続に関係することが多い司法書士の目線で見ると、取扱い業務において相続税申告が必要なケースが顕著に増加したと感じています。また、結果として申告の必要はなくても、いちおう税理士さんにチェックしてもらうケースも増えています。