相続財産の確定(遺産調査)

相続・遺言

遺産承継手続きを行うにあたって、「どのような遺産があるか」というのは、自ら調査しなければ判明しません。しっかりとした調査を行わなければ、承継手続きを漏らしたまま、後日判明して相続人間でトラブルになったり、判明することなく忘れ去られてしまう…

相続人の確定(戸籍調査)

相続・遺言

法務局(不動産の名義変更)においても、銀行(預貯金の解約)・証券会社(株式・信託の承継)においても、相続関係を確認できる戸籍一式の提出を求められます。 以下では、遺産承継に必要な戸籍の集め方と、手続き負担を軽減させてくれる「法定相続情報証…

相続人に行方不明者が含まれる場合の遺産分割協議

相続・遺言

戸籍調査により相続人の存在は判明したものの、その所在が不明で、協議を行うことができないという場合にも、その行方不明者を抜かして分割協議をすることはできません。 この場合の対応方法として、「失踪宣告」と「不在者財産管理制度」の利用が考えられ…

相続人に未成年者が含まれる場合の遺産分割協議

相続・遺言

未成年者が含まれる遺産分割においては、特別代理人の選任が必要となってきます。 特別代理人の選任申立てにおいて重要な点は、どのような遺産分割協議を予定しているかということです。

遺産分割協議に参加できない相続人がいる場合の遺産承継手続き

相続・遺言

遺産の分け方は、相続人全員(戸籍調査で判明)で決定する必要があります。相続人全員で話し合いを行い、遺産の分け方を全員で合意します。これを「遺産分割協議」といいいます。 相続人の中に、遺産分割協議に参加できない人がいる場合には、別途、それら…

遺言執行者の選任の申立て

相続・遺言

遺言によって遺言を執行する人が指定されていないとき又は遺言執行者がなくなったときは、家庭裁判所は、申立てにより、遺言執行者を選任することができます。

自筆証書遺言の検認手続

相続・遺言

検認とは、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。