遺贈(遺言)による配偶者居住権の設定

相続・遺言

配偶者が配偶者居住権を取得するには、①遺産分割協議による方法、②家庭裁判所の審判による方法、③遺贈又は死因贈与による方法、があります。 このうち「遺贈」による方法は、被相続人が配偶者のために遺言書を作成し、そのなかで配偶者居住権を取得させ…

農地と遺言について

相続・遺言

農地の権利移転に際しては「相続」を上手く使うのが非常に効果的なのです。さらに「遺言」を活用すれば、希望する人に円滑に農地・農業用設備・農機具などを相続させることができます。 ただし、遺言の形式にも注意が必要ですし、農地を含む場合には、作成…

農地の売買について

不動産登記

農地を売買する場合、「農地法」という法律による許可が必要となります。この許可の手続きは、基本的には各市町の農業委員会が窓口となっており、ここに所定の申請をして進めていくことになります。

農地の相続について

不動産登記

相続による権利移転には、農地法による制限が課されません。生前であれば、推定相続人に対する贈与ですら、農地法上の許可を得なければ許されなかったのとは対照的です。 一方で、相続によって農地を取得した相続人が、いざ農地を利活用する際には、農地法…

農地法の種類と許可の方針について

不動産登記

農地は、農地経営・市街地化の状況によって、5つの種類に区分されています。各分類の説明は正確性を欠きますが、大まかにいうと以下の通りです。

農地法の届出について

不動産登記

市街化区域内の農地の場合には、転用や転用を伴う権利移転の場合においても、許可ではなく届出で足りることとなっています。

農地法の許可について

不動産登記

「農地は限られた資源であり、適正に維持・管理・利用しなければならない」との考え方のもと、農地法という法律によって農地の利用については法律上の制限が課せられています。 いくつかある制限のうち、代表的な「3つの許可」についてご紹介します。

農地法について

不動産登記

農地の利活用について制限をかけている法律の代表例が「農地法」です。 限られた資源である農地を農地以外のものにすることを規制するとともに、農地が効率的に活用されるよう権利の取得や利用関係に制限をかけています。

休眠抵当権の抹消手続きについて

不動産登記

1.休眠抵当権とは 休眠抵当権とは、明治・大正・昭和初期に設定された古い抵当権で、実体的には担保権の効力は失われているものの「登記という形式」だけが残っている抵当権をいいます。休眠抵当権が残っているからといって、ただちに実害が生じるわけで…