公正証書遺言による相続登記

相続・遺言

遺産は、相続人に承継されるのが原則ですが、遺言がある場合には、遺言の定めが優先されます。遺言書の中で「不動産はAさんにあたえる」と記載されていれば、Aさんが相続人であろうがなかろうが、Aさんが不動産の承継者となり、Aさん名義に相続登記をす…

自筆証書遺言による相続登記

相続・遺言

遺産は、相続人に承継されるのが原則ですが、遺言がある場合には、遺言の定めが優先されます。遺言書の中で「不動産はAさんにあたえる」と記載されていれば、Aさんが相続人であろうがなかろうが、Aさんが不動産の承継者となり、Aさん名義に相続登記をす…

相続登記と遺産分割協議

相続・遺言

相続人が複数名いる場合には、遺産分割協議によって、遺産承継者を決定する必要があります。遺産分割協議においては、相続人全員で、分割方法を決定する必要があります。相続登記手続きにおいては、相続人全員が印鑑証明書を提出します。

相続登記と不動産の売却

相続・遺言

不動産の登記名義人が死亡した場合、これにより相続が開始します。 相続開始後に、不動産を売却する場合には、まずは相続人名義に変更をする必要があります。相続人に名義変更することなく、売却することはできませんので注意してください。売却にあたり名…

相続登記(先祖名義の土地があったら)

相続・遺言

先祖伝来の土地に住んでいる方の中に、土地の名義が曾祖父や祖父のままという方がいらっしゃいます。本来は、相続が発生した際に相続登記をすべきなのですが、相続登記は義務ではないために、相続登記未了で現在に至る方が少なくないのです。曾祖父や祖父か…

相続登記(親名義の敷地に子供の建物を新築)

相続・遺言

マイホームを建てるときに、親名義の不動産の上に、子供の新築建物を建てるケースがあります。こういったケースでは、親の相続を見越して、遺言作成等の相続準備をすべきといえます。

相続登記の手続き負担の軽減について

相続・遺言

最近のニュースで「相続登記の義務化」ということが話題になりました。これは、法務省の法制審議会(民法・不動産登記法部会)において、「民法・不動産登記法(所有者不明土地関係)の改正等に関する要綱案」が決定されたことに起因します。上記要綱案にお…

どうして相続登記が義務化されるのか?

相続・遺言

最近ニュースで「相続登記の義務化」ということが話題になりました。これは、法務省の法制審議会(民法・不動産登記法部会)において、「民法・不動産登記法(所有者不明土地関係)の改正等に関する要綱案」が決定されたことに起因します。

古い抵当権(休眠抵当権)の抹消

不動産登記

土地・建物に古い抵当権が抹消されず残っている場合の抵当権の抹消方法を紹介します。抵当権がついたままでは売却できないため注意が必要です。