司法書士への依頼に関連する各制度について解説します。
相続・遺言、不動産登記、会社設立・法人登記、成年後見、財産管理 各分野について紹介しています。

相続した実家を売却したい時

不動産登記

親が亡くなり、親が住んでいた実家の土地・建物を相続したけれど、実家に住む相続人はいないので売却してしまいたい。そうした場合には、どのように手続き進めていけば良いのでしょうか?また、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

相続による実家の名義変更

相続・遺言

親が亡くなり、子が相続をするケース。あるいは、親が亡くなり、残った親が相続をするケース。こういった場合に、「実家」の土地建物の登記名義を変更する必要があります。名義変更をするにあたって、どういった準備が必要なのか、どれくらいの費用がかかる…

実家の名義変更(相続手続き)の進め方

相続・遺言

親が亡くなり、子が相続をするケース。あるいは、親が亡くなり、残った親が相続をするケース。こういった場合に、「実家」の土地建物の登記名義を変更する必要があります。 この記事では、実家の名義変更手続きを、具体的にどのように進めていくのか一緒に…

所有権登記名義人の住所等変更登記の義務化について

不動産登記

令和3年4月に成立した法案によって、相続登記が義務化されたことは大きなニュースとなりました。司法書士としては「もう一つの登記の義務化」も非常に大きなインパクトのあるものでした。それは、所有権の登記名義人の住所等の変更登記の義務化です。

相続登記の義務化と預貯金を含めた遺産承継について

不動産登記

令和3年4月に民法・不動産登記法等の改正法案が成立し、「相続登記の義務化」がなされることとなりました。相続登記の義務化によって、遺産承継手続きにどのような変化が起こるのか、とりわけ「相続預金」との関係で考えてみました。

相続登記の義務化と成年後見

不動産登記

遺産分割協議を行い遺産承継者を確定させたうえで登記をしたいと思ってはいても、相続人の中に認知症等の理由で遺産分割協議に参加できない方が含まれるケースもあるでしょう。この場合には、認知症等の理由で遺産分割協議に参加できない方に対して成年後見…

相続登記と相続開始後の権利関係について

不動産登記

相続による権利の承継は、相続開始(被相続人の死亡)によって自動的に生じるものです。法律上定められた相続人に対して、法律上定められた割合にて、いったん共有されるのが原則です。

終活としての「財産管理契約」

財産管理

「終活」の定義は様々で、一般的には「人生の終わりに向けた活動」とされます。この記事では、司法書士が、主として財産管理面に関する終活に関して、とりわけ「財産管理契約」についてご紹介したいと思います。

終活としての「見守り契約」

財産管理

「終活」の定義は様々で、一般的には「人生の終わりに向けた活動」とされます。この記事では、司法書士が、主として財産管理面に関する終活に関して、とりわけ「見守り契約」についてご紹介したいと思います。