司法書士への依頼に関連する各制度について解説します。
相続・遺言、不動産登記、会社設立・法人登記、成年後見、財産管理 各分野について紹介しています。

叔父・叔母の自宅(不動産)を相続したとき

相続・遺言

叔父・叔母の相続が増加していくなかで、相続手続きにお悩みの方からのご相談も増えています。とりわけ「自宅(不動産)」を取得した場合には、現金とは異なる悩みを抱えることになるのではないでしょうか。叔父・叔母の相続の特徴を確認しながら、どのように進めていくのが効率的なのか、専門家に依頼すべきケースはどういった場合かを、沼津の司法書士(貝原事務所)がご案内します。

遺言の探し方について(遺言の検索)

相続・遺言

遺言の有無は、相続手続きに大きな影響を与えます。にもかかわらず、「遺言があるはずだけど見つからない。」という相談を受けることがあります。そうしたお悩みに対応するための「遺言の検索方法」を司法書士がご紹介します。

相続手続きのための「ほふり」への照会(上場株式等の相続調査)

相続・遺言

この記事では、相続財産の有無を調査する方法として「ほふり」の登録済加入者情報の開示請求をご紹介します。とりわけ故人の相続財産がわからないケースでは、上場株式の保有の有無を一括して調査できる点が大きなメリットです。一方で、必要書類や調査請求書を記載する際の注意点があります。この記事では、「ほふり」の登録済加入者情報の開示請求について、概要を確認していきます。

遺言書・遺書の作り方について

相続・遺言

遺書・遺言に興味がある。遺書・遺言の作成を検討している。そういった方に向けて、遺言(遺書)の作り方について記事を作成しました。実際に作成する際のポイントはもちろんのこと、遺言の役割や、注意点についても言及しています。とりわけ、遺言が利用される場面(遺言執行の場面)については、一般の方が見落としがちな点なので、遺言の作成にあたってはぜひ確認をしていただきたいです。

「叔父・叔母の相続と遺言」について検討するなら(沼津の司法書士)

相続・遺言

「叔父・叔母の相続と遺言の活用」について知りたい。「叔父・叔母の相続と遺言の活用」について課題があることがわかったので相談したい。そんなときには、どうすれば良いのでしょうか。この記事では、「叔父・叔母の相続と遺言の活用」に関する相談・課題について、解決に進むための手順をご紹介しています。あわせて、解決の道のりで、当事務所(沼津の司法書士・貝原事務所)がお手伝いできることについても、ご案内します。

「子供のいない夫婦の相続について」と当事務所の提供するサービスについて

相続・遺言

「子供のいない夫婦の相続」について知りたい。「子供のいない夫婦の相続」について課題があることがわかったので相談したい。そんなときには、どうすれば良いのでしょうか。この記事では、「子供のいない夫婦の相続」に関する相談・課題について、解決に進むための手順をご紹介しています。あわせて、解決の道のりで、当事務所(沼津の司法書士・貝原事務所)がお手伝いできることについても、ご案内します。

当事務所へのお問合わせについて

業務に関連する制度

当事務所は、沼津の司法書士・貝原事務所です。この記事では、当事務所への問合せ・初回面談に関して、よく受けるご質問に回答していきます。当事務所への問い合わせに際して、疑問に思うところ、確認したいところがあれば、ぜひご参照ください。

遺産相続手続きの進め方

相続・遺言

相続によって不動産や預貯金を引き継ぐためには、それぞれの財産について遺産承継手続きが必要となります。この記事では、遺産承継手続き(相続手続き)の進め方・期間・費用について、司法書士(沼津・貝原事務所)が解説していきます。

親族ではなく専門職に成年後見人を依頼することについて

成年後見

「親族(子、甥、姪など)はいるけれど、専門職に成年後見人を依頼したい。」といった思いをもつ方にむけて、専門職(司法書士)に後見人を依頼するメリット・デメリット、報酬や手続きについて、自身も成年後見人として活動している司法書士が解説します。司法書士の場合、リーガルサポートの存在も特徴となりますので、リーガルサポートについてもふれていきます。

司法書士の目線で考える「認知症への備え」について

成年後見

社会の高齢化に比例して「認知症」になる方が増加しています。認知症となってしまうと、法的な判断能力が十分でないと評価され、資産の利活用に制限がかかることがあります。「家族信託」や「任意後見契約」は資産凍結への対応策であり、それぞれのメリット・ポイント・費用について、司法書士と確認していきましょう