遺言書・遺書の作り方について

相続・遺言

遺書・遺言に興味がある。遺書・遺言の作成を検討している。そういった方に向けて、遺言(遺書)の作り方について記事を作成しました。実際に作成する際のポイントはもちろんのこと、遺言の役割や、注意点についても言及しています。とりわけ、遺言が利用される場面(遺言執行の場面)については、一般の方が見落としがちな点なので、遺言の作成にあたってはぜひ確認をしていただきたいです。

司法書士の目線で考える「認知症への備え」について

成年後見

社会の高齢化に比例して「認知症」になる方が増加しています。認知症となってしまうと、法的な判断能力が十分でないと評価され、資産の利活用に制限がかかることがあります。「家族信託」や「任意後見契約」は資産凍結への対応策であり、それぞれのメリット・ポイント・費用について、司法書士と確認していきましょう

相続した実家を売却したい時

不動産登記

親が亡くなり、親が住んでいた実家の土地・建物を相続したけれど、実家に住む相続人はいないので売却してしまいたい。そうした場合には、どのように手続き進めていけば良いのでしょうか?また、どれくらいの費用がかかるのでしょうか?

終活としての「財産管理契約」

財産管理

「終活」の定義は様々で、一般的には「人生の終わりに向けた活動」とされます。この記事では、司法書士が、主として財産管理面に関する終活に関して、とりわけ「財産管理契約」についてご紹介したいと思います。

終活としての「見守り契約」

財産管理

「終活」の定義は様々で、一般的には「人生の終わりに向けた活動」とされます。この記事では、司法書士が、主として財産管理面に関する終活に関して、とりわけ「見守り契約」についてご紹介したいと思います。

終活としての「任意後見契約」

財産管理

「終活」の定義は様々で、一般的には「人生の終わりに向けた活動」とされます。この記事では、司法書士が、主として財産管理面に関する終活に関して、とりわけ「任意後見契約」についてご紹介したいと思います。

終活としての「民事信託」

財産管理

「終活」の定義は様々で、一般的には「人生の終わりに向けた活動」とされます。この記事では、司法書士が、主として財産管理面に関する終活に関して、とりわけ「民事信託」についてご紹介したいと思います。

終活としての「死後事務委任契約」

財産管理

「終活」の定義は様々で、一般的には「人生の終わりに向けた活動」とされます。この記事では、司法書士が、主として財産管理面に関する終活に関して、とりわけ「死後事務委任契約」についてご紹介したいと思います。

終活としての「遺言」

財産管理

「終活」の定義は様々で、一般的には「人生の終わりに向けた活動」とされます。この記事では、司法書士が、主として財産管理面に関する終活に関して、とりわけ「遺言」についてご紹介したいと思います。