本文へスキップ

〜自らの専門知識を活用し、皆様のより良い生活の助けとなる〜

TEL. 055-921-5000

【平日 09:00〜17:00、土日祝日は休み】

本事務所 〒410-0851 静岡県沼津市宮町441−22≪詳しい地図≫

若葉町事務所 〒410-0059 静岡県沼津市若葉町17−28≪詳しい地図≫

成年後見制度 ・・・ 申立書類だけでなく、申立て後についても。

弊所にて取り扱った事例をご紹介するコーナーです。

「こんなキッカケで司法書士を利用するんだね。」とか、      
「実は、こんな課題や解決方法があったのね。」とか感じていただければ嬉しいです。

なお、いずれの事例も、ご相談内容そのものを紹介するものではありません。      
守秘義務の観点から、実際の事案をベースに内容を整序しております。


1.叔母さんの財産管理について

事務所のご近所にお住いの沼津市の椎路太郎さん。これまで叔母である聡子さんの介護をしてきました。      
それまでずっと、聡子さんは1人暮らしをしてきましたが、最近になって聡子さんが体調を崩し、もはや自分一人では生活できない状態になってしまいました。      
さらに認知症も進行し、判断能力の衰えが顕著です。
     
自宅での介護に限界を感じ、施設入所を検討することになりましたが、すでに聡子さんは自分で判断することができるような状態にありません。      
また施設入所となると、聡子さんの自宅や貴重品の管理などを、完全に椎路さんが行うことになると思ったのですが、自分ひとりでやることに不安(そもそも自分がやってよいのか。ほかの親族はどう考えるかなど。)を感じていました。      

  • 財産管理の必要性

    施設入所に際しての契約、銀行との取引(口座開設や定期預金の解約など)を、適切に行うためには成年後見制度の利用が必要となるケースでした。
  • 成年後見制度を利用(申立てまでのこと。申立て後のこと。)

    成年後見制度を利用し、椎路さん自身が後見人となることも可能ですし、場合によっては第三者を選任してもらうこともできます。

    ただし、あくまで「誰が後見人となるか」「そもそも後見制度を利用すべきかどうか」を判断するのは家庭裁判所になります。
    したがって、お話を伺う際には、聡子さんの財産状況を伺いながら、どのような判断がなされるのかを推測しつつ、今後の対応を考えていくこととなります。

    また、申立てのことだけでなく、実際に後見人になった場合に求められること(逆に、後見人が就くことによってできなくなること。)を、弊所司法書士の実務経験もふまえ、お話しさせていただきました。

2. 本件における対応

成年後見人の役割をお話しし、椎路さんにとってはいくつかの判断材料ができたということでした。      
また、司法書士の後見実務の経験を聞いて、仮に自分が後見人をやることになった際のイメージが浮かんできたとのことです。

実際の申立てについては、もうすこし自分の中で整理し、また他の親族とも話をしたいということで、最初の面談の際はお帰りになりました。

その後も、なんどか面談を行い、椎路さん自身の不安要素をお聴きしながら(あるいは、他の親族の方の疑問点にお答えしながら。)、申立てまでをサポートしました。


3.他にもこんな事案がありました。


ご相談の方法  

≪「ご相談予約について詳細はこちらをご確認ください。≫

バナースペース

ご相談から解決までの流れ