相続登記の進め方【3:不動産の確認】

相続・遺言

「相続登記の進め方」シリーズ第3回は、不動産の確認方法について見ていきます。相続登記の申請をする際には「どの不動産について相続登記(相続による名義変更)」をするのかを、相続人自身が確定させる必要があります。登記の専門家である司法書士とともに、相続する不動産の確認の仕方をチェックしていきましょう。

相続登記の進め方【2:相続人の確定】

相続・遺言

「相続登記の進め方」シリーズ第2回は、相続人の確定について確認していきます。土地や建物の相続の場面だけでなく、預貯金の相続などでも「戸籍の調査」による相続人の確定は必ず必要となってきます。登記の専門家である司法書士とともに、相続人確定のための戸籍調査について確認していきましょう。

相続登記の進め方【1:はじめに】

相続・遺言

「相続登記の進め方」シリーズ第1回は、沼津の司法書士が、相続登記の義務化・期限・流れについて解説していきます。土地・建物の所有者が亡くなったとき、その名義変更が必要となります。この手続きを一般に「相続登記」といいますが、この相続登記のキホンを、登記の専門家である司法書士と確認していきましょう。

曾祖父・曾祖母名義の不動産の相続登記(ご先祖からの名義変更)

相続・遺言

曾祖父・曾祖母の名義となっている不動産を、現在の相続人名義に変更するには、どうすれば良いのでしょうか?曾祖父・曾祖母からの相続登記のご依頼は、今後の「相続登記の義務化」によって、一層増えていくと考えられます。通常の相続手続きと同じところ、違うところを確認しながら、まずは全体像を把握してみましょう。

成年後見制度の基本を確認する

成年後見

成年後見制度は、法的な判断能力が不足する方をサポートする制度です。様々な方が利用したり、関係したりする制度ですが、一方で「類型」「申立」「報酬」など複雑な面があることも確かです。この記事では、成年後見制度の基本が確認できるように記載しています。さらに、詳細を知りたい方は、各項目のリンクから、より詳しい説明をしている記事にジャンプすることもできます。

おひとり様の遺産はどうなるの?誰が相続人になる?

相続・遺言

おひとり様に相続が発生したとき、その遺産は誰に引き継がれるのでしょうか?社会や家族観の変化により、相続や老後というのは「放っておいても、周りの親族が何とかしてくれる。」という時代ではなくなってきています。この記事では、おひとり様の相続の特徴を確認するとともに、その対応方法(遺言など)をご紹介していきます。

叔父・叔母の自宅(不動産)を相続したとき

相続・遺言

叔父・叔母の相続が増加していくなかで、相続手続きにお悩みの方からのご相談も増えています。とりわけ「自宅(不動産)」を取得した場合には、現金とは異なる悩みを抱えることになるのではないでしょうか。叔父・叔母の相続の特徴を確認しながら、どのように進めていくのが効率的なのか、専門家に依頼すべきケースはどういった場合かを、沼津の司法書士(貝原事務所)がご案内します。

遺言の探し方について(遺言の検索)

相続・遺言

遺言の有無は、相続手続きに大きな影響を与えます。にもかかわらず、「遺言があるはずだけど見つからない。」という相談を受けることがあります。そうしたお悩みに対応するための「遺言の検索方法」を司法書士がご紹介します。

相続手続きのための「ほふり」への照会(上場株式等の相続調査)

相続・遺言

この記事では、相続財産の有無を調査する方法として「ほふり」の登録済加入者情報の開示請求をご紹介します。とりわけ故人の相続財産がわからないケースでは、上場株式の保有の有無を一括して調査できる点が大きなメリットです。一方で、必要書類や調査請求書を記載する際の注意点があります。この記事では、「ほふり」の登録済加入者情報の開示請求について、概要を確認していきます。

遺言書・遺書の作り方について

相続・遺言

遺書・遺言に興味がある。遺書・遺言の作成を検討している。そういった方に向けて、遺言(遺書)の作り方について記事を作成しました。実際に作成する際のポイントはもちろんのこと、遺言の役割や、注意点についても言及しています。とりわけ、遺言が利用される場面(遺言執行の場面)については、一般の方が見落としがちな点なので、遺言の作成にあたってはぜひ確認をしていただきたいです。