終活としての「任意後見契約」

財産管理

「終活」の定義は様々で、一般的には「人生の終わりに向けた活動」とされます。この記事では、司法書士が、主として財産管理面に関する終活に関して、とりわけ「任意後見契約」についてご紹介したいと思います。

相続登記の義務化と空き家について

不動産登記

令和3年4月に民法・不動産登記法等の改正法案が成立し、「相続登記の義務化」がなされることとなりました。登記されている土地・建物については、相続が開始した場合、その登記(相続による名義変更)を行うことが義務となるのです(施行日は未定。令和3…

相続登記は急いでやるべきか?

不動産登記

令和3年4月に民法・不動産登記法等の改正法案が成立し、「相続登記の義務化」がなされることとなりました。3年以内に「相続登記の義務化」=「相続登記を怠ると罰則をかされる」ということになります。

相続登記の義務化と遺言

不動産登記

令和3年4月に民法・不動産登記法等の改正法案が成立し、「相続登記の義務化」がなされることとなりました。相続登記の義務化によって、相続登記を速やかに完了させることが重要となります。その際に重要となる2つの要素について考えていきます。

相続登記の義務化と「とりあえず共有」

不動産登記

令和3年4月に民法・不動産登記法等の改正法案が成立し、「相続登記の義務化」がなされることとなりました。法定相続登記も、相続人の1名から登記が可能です。これは法律上の相続人全員につき、相続分割合に基づいてとりあえず登記をするものです。

終活としての「民事信託」

財産管理

「終活」の定義は様々で、一般的には「人生の終わりに向けた活動」とされます。この記事では、司法書士が、主として財産管理面に関する終活に関して、とりわけ「民事信託」についてご紹介したいと思います。

終活としての「死後事務委任契約」

財産管理

「終活」の定義は様々で、一般的には「人生の終わりに向けた活動」とされます。この記事では、司法書士が、主として財産管理面に関する終活に関して、とりわけ「死後事務委任契約」についてご紹介したいと思います。

相続登記の義務化と「相続申告制度」

不動産登記

令和3年4月に民法・不動産登記法等の改正法案が成立し、「相続登記の義務化」がなされることとなりました。今回の法改正で、あらたに創設されたのが「相続申告制度」です。何かしらの理由で相続登記の申請が困難なケースで活用することとなります。

相続登記の義務化について(令和3年6月公開記事)

不動産登記

令和3年4月に民法・不動産登記法等の改正法案が成立し、「相続登記の義務化」がなされることとなりました。改正法案の施行にともなう相続登記の義務化は、おそくとも令和6年4月から適用となりますが「相続登記の義務化」=「相続登記を怠ると罰則をかさ…

終活としての「遺言」

財産管理

「終活」の定義は様々で、一般的には「人生の終わりに向けた活動」とされます。この記事では、司法書士が、主として財産管理面に関する終活に関して、とりわけ「遺言」についてご紹介したいと思います。