株式会社設立の報酬モデルケース(1人会社)

株式会社設立の報酬モデルケース(1人会社)

2021年7月19日

1.モデルケース(株式会社設立)

(1)ご依頼内容

富士市在住のAさんは、これまで個人事業主として内装工事業を営んできました。
今回、税理士さんのススメもあり、法人成り(法人を設立し、個人事業から法人経営に移行すること。)をすることとしました。
会社設立ならば司法書士ということで、インターネットで検索して当事務所にご依頼いただくこととなりました。

(2)設立する株式会社の内容

  1. 設立する法人種別は「株式会社」
  2. 株主1名かつ同人のみが取締役の、いわゆる一人会社。
  3. 資本金500万円。
  4. 種類株式等の発行はなく、定款内容もオーソドックスな内容

2.報酬モデル(株式会社設立・1人会社)

上記のモデルケースでは、おおよそですが、次のような報酬内訳となります。
※当事務所の報酬については、消費税込みで表示しています。
※100円単位に切り上げで表記しています。

項目当事務所報酬実費(登録免許税等)
株式会社設立登記115,900円150,000円
定款認証代理53,000円
完了謄本・印鑑証明書1,100円
小計115,900円204,100円

〇 合計 320,000円

3.注意点

  • 株主や取締役の人数によって、当事務所の報酬が変動します。
  • 2週間を切るような、短期間での設立以来については、当事務所の報酬を加算しています。

4.会社設立手続きを司法書士に依頼するメリット

  • 公証役場での定款認証や、法務局への設立登記申請など、一連の手続きを当事務所が代行します。
  • 単に法人を設立するだけでなく、設立後の株主・役員の権利関係についても配慮しています。
    また、建設業許可など一部の許認可については、法人設立と並行して当事務所司法書士(行政書士兼業)にて対応可能です。

5.株式会社設立につき当事務所にご依頼いただく場合

株式会社設立について、当事務所にご相談・ご依頼をいただく場合について、モデルケースをもとに下記記事で紹介しています。

【参照記事:ご相談・ご依頼から業務完了まで【株式会社設立】】