事例で考える「叔父・叔母(おじ・おば)の介護」への備え

成年後見

自分の子供に、叔父・叔母の介護の負担をかけたくない。そんなときに、どういった対応が考えられるのか。モデルケースをもとに、司法書士の立場から検討していきます。「体が思うように動かなくなったら」「認知症などで判断能力が低下してしまったら」。それぞれのケースで活用できる、成年後見・任意後見・遺言など

後見等開始申立書作成サポートの報酬モデルケース(成年後見等)

成年後見

成年後見制度(法定後見)の利用にあたっては、家庭裁判所に対して申立てを行う必要があります。当事務所では、後見等開始申立書の作成サポートを行っており、モデルケースに沿ってサポート報酬・費用をご案内いたします。また、当事務所が行うサポート内容、注意点や依頼するメリットもあわせてご紹介いたします。

ご相談・ご依頼から業務完了まで【成年後見人等への就任】

成年後見

Aさんは自宅にて1人暮らしをしてきましたが、最近、認知症の症状が出始め、周囲の福祉関係者からも、老人ホームへの入所を検討すべきではないかという話が出ていました・・・成年後見人の選任が必要と思われるため、ケアマネージャさんから当事務所に相談がありました。

ご相談・ご依頼から業務完了まで【成年後見申立て】

成年後見

施設料を捻出するためにも住んでいた実家(母Bさん名義)を売却しようというところで、成年後見制度の必要性を指摘されました。当初は、自分たちで申立て手続きをしようと裁判所に行ってみましたが、提出書類が複雑であったため、司法書士に申立書類の作成を依頼することになりました。

【事例で考える】子のない夫婦の成年後見・任意後見

成年後見

成年後見制度は、認知症等によって判断能力が低下した人に対する法的なサポーターを選任する制度です。 任意後見と法定後見の2つの種類がありますが、今回の事案だと、Bさんの判断能力低下により任意後見は利用しがたい状況でした。従い、家庭裁判所に、Bさんに代わって財産管理や生活環境の整備を行うサポーターを選任してもらう「法定後見」を利用することとなりました。

事例で考える「叔父・叔母(おじ・おば)の介護」と成年後見

成年後見

甥や姪が叔父・叔母の生活援助(介護)をしているケースで後見申立て 依頼者はAさん。(沼津市在住)Aさんは高齢の叔母Bさんの生活援助(通院の付き添いや介護ヘルパーとの橋渡しなど生活介助全般にわたる援助)をしていました。 Bさんには、ご主人C…

成年後見申し立ての事例

成年後見

成年後見制度の申し立て事例の紹介です。成年後見の申し立てについては、利用するメリットとデメリットを、申立人となる親族の方が正しく理解されたうえで、判断すべきと考えています。