相続放棄と相続の順位の変動

相続放棄と相続の順位の変動

1.相続放棄とは

相続放棄とは、相続による権利義務の承継を拒否することであり、家庭裁判所に対して「相続放棄の申述」をすることで行うものです。
そして、相続放棄をすると、相続放棄をした者は「当初から相続人ではなかった」ことになります。

2.相続放棄のよる順位変動

相続放棄によって、同順位の相続人全員が相続人でないことになると、次順位の親族に相続資格が移ることになります。

【事例】

被相続人はAさん。相続人は、妻Bさんと、子C、D。
Aさんの父母・祖父母はすでに死亡しており、兄弟姉妹としてEさんがいるがAさん一家とは疎遠であった。
相続人であるB・C・Dは、Bに遺産を集中させようと、C・Dがそろって相続放棄をすることにした。

この事例において、子Cのみが相続放棄をした場合には、順位変動は生じません。
一方で、Cのみならず、Dも相続放棄した場合には、子全員が相続人で亡くなるため、相続第二順位の直系尊属(父母、祖父母)が相続人となります。上記事例では、父母、祖父母は既に死亡しているため、相続第三順位の兄弟姉妹、すなわちEさんが繰り上がりで相続人となってしまうのです。

3.相続放棄の誤った利用方法に注意!

お客様のなかには、1人の相続人に遺産を集中させる目的で「相続放棄」を利用する方がいらっしゃいます。
しかしながら、上記事例のとおり、相続放棄によって同順位の相続人がいなくなった場合には、次順位の相続人が登場することになります。
結果として、上記事例においては、妻Bと弟Eとが相続人となってしまい、この2人での遺産分割協議を行うこととなりました。
もちろん弟Eも相続放棄をしてくれれば、当初の目的をはたしたことになりますが、それはEの心持次第ということになるのです。

相続放棄をする際には、相続順位の変動が生じる可能性を考慮することが重要です。