代襲相続について

代襲相続について

2021年5月1日

1.代襲相続とは

代襲相続とは、本来相続人となるべき人が被相続人よりも先に死亡していた場合に、特定の人が、その相続人に代わって相続資格を受け継ぐことをいいます。相続資格を受け継いだ人のことを代襲相続人といいます。

代襲相続は、死亡のほか、廃除(被相続人の請求によって相続資格を奪うこと)や欠格(特定の事項に該当して相続資格を失うこと)により相続資格を喪失した際にも生じえます。
一方で、相続放棄をした場合には、代襲相続は発生しませんので注意が必要です。

2.子について代襲相続が発生する場合

本来相続人となるはずの子が、被相続人よりも先に死亡していた場合、その子に子(被相続人から見た孫)がいれば、その子の子(被相続人の孫)が代襲相続人となります。(法律上は「被相続人の直系卑属であること」という条件が付いています。養子縁組を行った場合などに問題となります。)

ちなみに、子だけでなく孫も死亡し、曾孫(ひまご)がいるというケースでは、この曾孫がさらに代襲して相続人となります。再代襲といいますが、これは子が相続人の場合にのみ認められるもので、兄弟姉妹については、再代襲はありません。

3.兄弟姉妹について代襲相続が発生する場合

本来相続人となるはずの兄弟姉妹が、被相続人よりも先に死亡していた場合、その兄弟姉妹に子(被相続人から見た甥・姪)がいれば、その兄弟姉妹に子(被相続人の甥又は姪)が代襲相続人となります。
兄弟姉妹については、この場合と異なり、再代襲はありません。

4.代襲相続が起こる場合の注意点

代襲相続が起きる場合には、相続人間で世代の違いが生じるため、遺産分割協議を進めるにあたり慎重な対応が必要となるケースがあります。
たとえば、母Aさんが死亡して、子B・C・Dが相続人となるところ、すでにBが死亡しており、Bの子(Aの孫)である甲・乙が代襲相続人になったとしましょう。
甲・乙は、C・Dの甥や姪にあたるわけですが、この4人が遺産分割協議において、いわば同じ土俵の上でAさんの遺産の承継方法について話し合うことになるのです。
甲・乙としては長男Bの子として、祖母Aの財産については長男としての取り分を求めたいと考えるかもしれません。一方で、C・Dとしては、自分たちがAの子であるのだから、基本的には自分たち2名が相続すべきだと考えるかもしれません。ともすれば世代間での相続に対する価値観の違いが生じがちとなるため、話し合いを行う際には、慎重に互いの意向を確認するほうが良いでしょう。

相続人が子供同士というのであれば、なんとなくで遺産承継手続きを進めても良いかもしれません。
一方で、上記のように異なる世代間で遺産分割協議をおこなうケースでは、慎重に正確に遺産承継手続きを進めるべきといえるでしょう。そうした場合には、遺産承継手続きのサポートを行う士業の活用を是非ともご検討ください。

【参照記事:当事務所が提供する相続関連サービスについて】