相続登記(親名義の敷地に子供の建物を新築)

相続登記(親名義の敷地に子供の建物を新築)

相続・遺言

1.親名義の敷地に子供名義の建物を建てた

マイホームを建てるときに、親名義の不動産の上に、子供の新築建物を建てるケースがあります。こういったケースでは、親の相続を見越して、遺言作成等の相続準備をすべきといえます。
とりわけ、ご実家と同じ敷地内にお子様名義の建物を建てる場合には、なお一層、相続対策が必要だといえます。
相続が発生した場合に、どういったことが生じるのか、事例を交えて考えてみましょう。

2.事例

Aさんには、奥様Bさんと、子供が二人(Cさん、Dさん)います。
Aさんは土地を所有しており、Aさん所有の土地上には、Aさん名義の建物とCさん名義の建物が併存しています。

3.Aさんの相続発生!

上記事例において、Aさんに相続が発生した場合には、法定相続人はB・C・Dの3名となります。そして、遺言がない限りは、B・C・Dの3名で遺産分割について協議を行うことになります。
Aさん所有の土地は、Cさん建物の敷地になっており、Cさんとしては何としても遺産承継したいと考えるのでしょうが、それにはB・D両名の同意が必要となります。
万が一にも、Dさんが、土地の所有権を承継することを主張した際には、相続争いは不可避でしょう。

4.相続への備えが必要

上記のような結末を避けるためには、つぎのような対応が考えられます。

  • Aさんが土地をCさんに生前贈与
  • 「土地はCさんに承継させる」旨の遺言書を残す
  • あらかじめ敷地を分筆

生前贈与については、相続税や特別受益を考慮した対応が必要となるでしょう。
遺言書の作成においても、スムーズな遺産承継を可能にさせるような工夫、Dの遺留分への対応などが必要となるでしょう。
相続財産の状況によっては、敷地を分筆しておくことも必要になるかもしれません。

家族仲が良いなどの理由で、相続対策を行わない方もいらっしゃいますが、敷地名義が異なる場合については、万が一に備えた対応が必要であると考えます。ましてや、自宅敷地であれば、なおさらです。