遺産承継業務の事例紹介(法定相続)

相続・遺言

遺産承継業務の事例紹介です。貝原事務所は業務完了時、弊所で作成した財産目録・計算書のほか、残高証明書、金融機関から受領した書類等を一式にして、依頼者様にお渡ししております。

供託手続きによる休眠抵当権の抹消事例

不動産登記

相続した土地に古い抵当権が残っていることがあります。ここでは「不動産登記法70条3項後段」に規定されている供託手続きの事例を紹介します。

数次相続の遺産分割協議

相続・遺言

相続未登記土地の寄付(贈与)に関する事例紹介です。「相続未登記土地」とは、不動産登記簿上の所有者名義が、明治時代とか大正時代に登記されて以降、変わっていない土地を指します。

兄弟姉妹の相続登記

相続・遺言

生涯孤独であった方の遺産を6人の代襲相続人で分割協議した事例です。このようなケースでは事前に遺言書を用意するのが非常に有効です。

相続人が複数いる場合の相続登記

相続・遺言

土地・建物・預貯金の相続について相続人が複数いる場合の事例です。相続人が複数いる場合、相続人間で遺産分割協議を行います。

相続登記 法定相続に関する事例

相続・遺言

土地の名義変更のご相談の事例紹介。相続登記に合わせて、預貯金の承継手続き、家財整理などの遺産整理をご案内した事例です。

土地の個人売買の事例

不動産登記

個人の土地売買に関する名義変更の事例を紹介します。今回のケースでは土地の分筆、売買契約の合意と契約書の作成、土地所有者の名義変更を行いました。