数次相続について

数次相続について

2021年5月1日

1.数次相続とは

数次相続とは、相続開始後、さらに相続人について相続が発生することを言います。
勘違いしやすいのが、代襲相続との違いです。
代襲相続は、相続開始「前」に、本来相続人となる人が死亡してしまったケースで発生します。一方、数次相続は、相続開始「後」に、さらに相続人が死亡し、その相続人について相続が発生したケースを指します。

2.代襲相続との違いに注意

例として、母Aの相続について、子B・Cが相続人となるケースについて考えてみましょう。Bさんには、妻B2、成人した子B3・B4がいるものとします。

(1)数次相続の場合

母Aの相続に際して、相続開始時点ではB・Cともに生存していたものの、遺産分割協議を行う前にBが死亡してしまったというのが数次相続です。
B死亡後において、母Aについて遺産分割協議を行う場合には、Bの母Aに関する相続資格が、Bの相続人(B2、B3、B4)に承継されているため、協議に参加するのはC及びB2・B3・B4の計4名となります。

(2)代襲相続の場合

母Aの相続に際して、相続開始前にBが死亡していたとしましょう。この場合には、Bについて代襲相続が発生し、Bに代わって子B3・B4が相続人となります。
母Aの遺産分割協議に参加するのは、C及びB3・B4の計3名となります。
(妻B2は、相続人とはならず、遺産分割協議に関与しません。)

3.数次相続の注意点

数次相続は、まさにネズミ算式に相続関係が広がっていくので注意が必要です。
上記2の例でみればわかるように、代襲相続においては孫B3・B4が登場するのみでしたが、数次相続においては妻B1も遺産分割協議に関与してくるのです。

世代間の価値観の違いも生じえますし、血族ではない者(B1)も加わることにより、遺産分割協議を円滑にすすめることができない事態も生じえます。

上記2の例では、1次相続(Aの死亡)と2次相続(1次相続人Bの死亡)のみでしたが、さらに深刻な事例では、2次相続が複数発生したり(BだけでなくDも死亡)、3次相続(2次相続人であるB3が死亡)が発生したりして、さらに相続関係が複雑となっていきます。

4.はやめの遺産分割が重要

数次相続は、相続発生後、遺産分割協議を行うことなく放置してしまった場合に生じるものです。
司法書士業務においては、何十年にもわたって相続登記を放置したことによって、3次・4次相続が発生し、相続人が数十人に膨れ上がってしまうケースをよく目にします。

遺産分割協議について、戸籍を集めたり、遺産承継手続きを行うのが面倒くさいというのであれば、当事務所をはじめとして遺産承継サポートを行っている士業の活用を検討すべきでしょう。
相続人間で揉めてしまい、遺産分割協議が成立しないというのであれば、遺産分割調停や遺産分割審判の活用を検討すべきです。

いずれにせよ、なんとなく遺産分割を放置してしまった結果、次々と数次相続が発生し、いざ承継手続きを行う際に非常に困ったケースをたくさん見てきています。なにかしらの、取れるべき対応をとることが重要です。

【参照記事:遺産分割調停・遺産分割審判について】
【参照記事:当事務所が提供する相続関連サービスについて】