預貯金・有価証券の遺産承継の事例

預貯金・有価証券の遺産承継の事例

2020年12月21日
相続・遺言
守秘義務および個人情報保護の観点から、実際の事案を変更・編集して記載しています。

預貯金・上場株式・投資信託の相続手続きについて

依頼者はAさん。(富士市在住)
お父様が亡くなり、相続人はお母様B(Aさん同居)さんと妹Cさん(東京在住)の3名でした。
預貯金・上場株式・投資信託の相続があり、どのように手続きを進めていけばよいかとのご相談からスタートしました。

相続税の申告と相続人による遺産分割協議

まずは、Aさんに事務所にお越しいただき、見積もり作成のための打合せを行いました。
預貯金のみならず、証券会社についても弊所にて対応可能とお伝えすると、手続きの負担が減って良かったとおっしゃっていただきました。(ただし、証券会社の相続の場合、同一証券会社の証券口座が必要になるため、かりに証券口座がない場合には、口座開設の手続きが必要になります。郵送でも口座開設は可能ですが、若干、手間と時間がかかりますので、ご注意ください。)

見積作成段階で、相続税申告の必要性があるように思われたので、その点をAさんに確認しました。Aさんは、お父様の財産状況は全く知らなかったので、まずは財産調査をしてみようということで、業務を開始しました。

弊所にて、各金融機関から残高証明書を取り寄せた結果、想定以上に預貯金があり、悠々と相続税の基礎控除額を超過してしまったため、急いで税理士さんに相談することに。
Aさんには知古の税理士さんがいらっしゃったので、税務関係の検討は税理士さんにお任せすることになりました。

税理士さんからのアドバイスをもとに、相続人3名で遺産分割協議を行い、分割内容が決定されました。
弊所にて分割協議書を作成し、相続人3名の押印(実印にて)を済ませました。
その後は、分割協議に従って、弊所にて預貯金の解約及び各相続人への承継、株式等の有価証券の承継を行いました。