住宅ローン完済に伴う抵当権の抹消

住宅ローン完済に伴う抵当権の抹消

2020年12月21日

住宅ローンを完済した際に必要となる「抵当権抹消登記」について、一般的な流れをご紹介いたします。

「抵当権の抹消」とは(住宅ローンとの関係)

抵当権の抹消手続とは、土地・建物に設定された抵当権の抹消の申請をおこなう手続きをいいます。
住宅ローンを借りる際、お持ちの土地・建物に「抵当権」が設定されるのが通常です。

借り入れ後、長期にわたってコツコツと返済をし、返済が完了することによって抵当権は消滅します。
しかしながら、登記簿上の抵当権は自ら申請しなければ抵当権の登記がされたままとなります。
「抵当権の抹消」の申請を行い登記簿上の抵当権の記載を抹消することで、「抵当権は住宅ローン完済により消滅した」ことが公示されるのです。
これが「抵当権の抹消」手続きを行う意味です。

ご依頼から抵当権抹消までの流れ

当所に「抵当権の抹消手続」をご依頼いただく場合、次のような流れとなります。

1

面談予約をお願いします。

2

面談前に電話にてお話を伺った上で、手続内容と費用(概算)をご連絡します

3

面談日に次の書類等をご持参ください。

  1. 金融機関から送付されてきた書類一式
  2. 運転免許証等の本人確認書類
  3. お伝えした費用概算(現金2〜3万円)
  4. 認印

初回訪問時に見積提示いたします。見積確認後、その場で抹消手続きを委任いただければ、以後の手続きは当所がおこないます。一度事務所にお越しいただければ大丈夫です。

4

抹消手続きが完了後、手続完了証を郵送にてご返送します。

不明点があればご遠慮なくお問い合わせください。

PICK UP