終活と「直葬」「埋葬」について

終活と「直葬」「埋葬」について

2021年2月25日

1.司法書士の立場で「葬儀」に関与する

司法書士というと、本来は不動産登記(売買や相続による名義変更)がメイン業務であったのですが、ここ10年くらいで「成年後見」「任意後見」に代表される財産管理業務の取扱が増加してきました。

弊所でも、「成年後見」や「任意後見」に関する業務を取り扱っていますが、これらの業務を通じて、以前であれば、想定していなかった知識や経験を得ることができました。
認知症・介護・不動産売却・遺産承継・生活保護などなど、成年後見人として当事者に近い立場で関与する中で、当該分野について学習・経験したことは、不動産登記(相続・売買)や遺産承継・遺言の業務を行う際にも、非常に参考となっています

今回の記事で紹介したいのは、「直葬」「埋葬」についてです。成年後見人として「直葬」・「埋葬」に関与する機会が増えており、これらについて感じたことをご紹介します。

2.そもそも「直葬」とは

そもそも「直葬」とは、通夜や葬儀・告別式などのセレモニーを完全に省略した葬儀形態です。

施設・病院で亡くなられた方のご遺体は、直葬を取り扱う葬儀会社にて数日保管され、火葬許可が下り次第、市町の火葬場に運ばれ、そこで火葬に付されるというのが簡単な流れです。
通夜とか告別式といった儀式は行われないため、参加者は極めて少人数となります。

葬儀会社によるかと思いますが、焼香をあげるスペースくらいは提供されるものの、親族の待機スペースや僧侶を呼んでの読経などは、基本的に想定されていないと思われます。
保管場所から火葬場に出発する際に、葬儀参加者で見送りをする程度ではないでしょうか。
(筆者は、成年後見人の死後事務として、直葬を行ったことがあります。とあるケースでは火葬場にいくまで葬儀会社の方以外の参加者は私一人で、お骨拾い(骨上げ)は完全に一人で行ったこともあります。)。

直葬は、確かにシンプルで良いという面もあるのですが、通常の葬儀の流れと比較すると、すこし寂しい気持ちを感じないでもありません。
もちろん、故人の意思で選択するのであれば全く問題はないのですが、後見業務において止むを得ず直葬となってしまうケースを経験すると「葬儀や埋葬の希望を生前に残すことの重要性」を痛感します。

3.「埋葬」について

最近では、埋葬方法が多様化しており、これまでのようにお寺の「○○家の墓」に入る方式だけではありません。
お寺だけでなく、市町の運営する公設墓地、宗教法人等が運営する墓地など、墓地の運営形態もバリエーションが増えています。
また、墓石を設置したオーソドックスなお墓だけでなく、供養塔や納骨堂などに合葬する形式、樹木葬のように何かしらのシンボルの周りに埋葬される形式など、お墓の形態も様々です。

当事務所の関与するケースだと、お寺の墓地から宗教法人等が運営する墓地への合葬(樹木葬)に変更した方や、同じお寺の納骨堂への改葬を行った方がいらっしゃいました。

選択肢が増えるというのは良いことなのですが、相続人としては「故人がどういった希望を持っていたのか」「今後の管理のことをどのように考えるか」など、悩みの種が増えることにもつながります。

葬儀はある意味一過性のものですが、お墓や埋葬方法については、そうもいえません。従い、遺す側の人が、遺される側の人のために、事前に整理・準備することがベターといえるのではないでしょうか。
とりわけ、現在は「○○家の墓」があるけれども、墓を継ぐ人がいなかったり管理費用の負担が問題となることが予想される場合には、現在の管理者が早めに問題解決に着手することが必要だと考えられます。

当事務所でも、成年後見人として、お墓については非常に苦慮した(あるいは現在進行形で対応している)経験があります。
事前に管理者が対応してくれる(あるいは、せめて方針を示しておく。)と、後を任される者としては非常に助かるということをお伝えしたいです。

4.「葬儀」「埋葬」の意思をどのように示せばよいのか

では、葬儀や埋葬に関する意思表示をどのように示せば良いのでしょうか。

1つめの方法としては、家族や親族同士で話し合いをして、課題や対応方法を共有しておくことです。非常にシンプルですが、意外と大事です。

2つめの方法としては、遺言書の付言事項等を活用して、現在の管理者の意思を明確に相続人や親族に伝達するものです。

3つめの方法としては、とりわけ自分の後継となる管理者や葬儀の主宰者がいない場合には、死後事務委任契約を締結するなどして、自身の希望を、自身の死後に実現する第三者を選任するという方法です。

葬儀はともかく埋葬(お墓)については遺す側が生前にある程度課題解決をしておくことが必要なのかなと個人的には思います。
一方で、言うは易く行うは難しというところは、筆者自身も認識しており、継続的にご相談をいただく方からも「なかなか進められなくて。。」という話をよく聞きます。
とはいえ、実際にお墓の整理にはじまり葬儀の順番まで完了させてしまうお客様も中にはいるわけで、皆様の無理のないペースで、少しずつ進めていくことが重要なのかなと感じています。

関連する記事