相続人に未成年者が含まれる場合の遺産分割協議

相続・遺言

相続人の中に、未成年者とその親権者が含まれる遺産分割においては、未成年者のために特別代理人の選任が必要となってきます。 誰が未成年者の特別代理人となれるのか、どういった手続きが必要であるのかを確認するとともに、とりわけ重要な「未成年者の法定相続分への配慮」についても検討していきます。

遺産分割協議に参加できない相続人がいる場合の遺産承継手続き

相続・遺言

遺産の分け方は、相続人全員(戸籍調査で判明)で決定する必要があります。相続人全員で話し合いを行い、遺産の分け方を全員で合意します。これを「遺産分割協議」といいいます。 相続人の中に、遺産分割協議に参加できない人がいる場合には、別途、それらの方の代理人を裁判所の手続きにより選任したうえで遺産分割協議を進める必要があります。

不動産・預貯金・株式・投資信託等の相続について(遺産承継手続)

相続・遺言

身近な方が亡くなり、その方の遺産を承継する際に「遺産承継手続」が必要となります。不動産・預貯金・株式・投資信託などの各種財産を相続する際に、どういった手続きが必要になるのか、どういった書類が必要になるのか、遺産分割協議の進め方などをご紹介します。

遺言執行者の役割・意義について

相続・遺言

遺言によって遺言を執行する人が指定されていないとき又は遺言執行者がなくなったときは、家庭裁判所は、申立てにより、遺言執行者を選任することができます。

自筆証書遺言の検認手続について

相続・遺言

検認とは、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせるとともに、遺言書の形状、加除訂正の状態、日付、署名など検認の日現在における遺言書の内容を明確にして遺言書の偽造・変造を防止するための手続です。

自筆証書遺言に基づく遺産承継手続き

相続・遺言

亡くなられた方から、自筆証書遺言(お亡くなりになった方自身が自書にて作成された遺言。)により遺産を譲り受けた場合には、亡くなられた方の名義になっている遺産をご自身の名義に承継(あるいは変更)する必要があります。

会社設立において留意すべき事項

会社設立・法人登記

創業時の貴重な時間を有効に活用するために、会社設立において留意すべき事項をまとめてみました。事業目的・資本金・役員など、会社の基本的事項を決定するに際して、どういったポイントがあるのか確認していきます。

株式会社設立の流れ

会社設立・法人登記

当事務所に、株式会社設立の依頼をいただいた場合の、おおまかな手続きの流れをご案内します。株式会社の設立にあたっては、会社の基本事項(商号・事業目的・役員など)の決定にはじまり、定款認証などの複数のステップを進めていく必要があります。創業期の大切な時間を、効率的に活用するため、まずは手続きの全体を把握していきましょう。